サイトマップ

デリケートゾーンの脱毛をしてからかゆい

私はムダ毛は中学生のころから生えだしていました。
でもそのころはムダ毛の処理などしていませんでしたね。
ムダ毛を処理するといった概念が全くありませんでした。
プールのときもワキ毛の脱毛をしていったのかよく記憶にないんです。
それほど昔のことだからです。
唯一覚えているのは高校生になって好きな人ができて、初デートする前の日にワキ毛の処理をしたことです。
それはカミソリで普通に剃って脱毛をしていました。
好きな人ができたおかげで脱毛に関して敏感になっていきました。
彼とは30代になって高校の同窓会で再会してから又付き合うようになりました。
でも彼に「デリケートゾーンの毛が濃いんじゃね?」と指摘されてから、初めて自分で鋏でカットしてカミソリで剃って処理したんですが、毎日そこがかゆくてしかたがないんです。
やはりデリケートな部分だけあって、脱毛の方法がよくなかったのかかゆいのがまだ続いています。
皮膚が炎症を起こしてしまったようです。
それからはデリケートゾーンの脱毛はストップしています。
彼にはかゆいなんて言えません。

参考サイト
難波で顔脱毛するならこちら

デリケートゾーンのムダ毛の処理方法

デリケートゾーンのムダ毛の処理は大変です…。
処理しづらいので、役立つアイテムを準備してからやると、キレイに処理できますよ。

■準備するもの・カミソリできれば専用シェーバー・Vライントリマー・カミソリの場合、ボディソープデリケートゾーンは、肌もデリケート。
だから専用のシェーバーがあると、肌に負担をかけずに処理できます。
Vライントリマーは、毛量の調節にとても役立ちますよ。

■デリケートゾーンのムダ毛処理のやり方

1.処理すべきところをシェーバーまたはカミソリで剃る処理すべきところを、シェーバーまたはカミソリで剃りましょう。
カミソリを使うときは、ボディソープをつけて肌を保護するのが大切です。
このとき力を入れずややさしく剃るのがポイントです。
肌に負担をかけると、色素沈着を起こすので注意が必要です。

2.Vライントリマーで毛量を調節するVライントリマーで、毛量を調節しましょう。
Vライントリマーはヒートカッターなので、毛先を丸くカットでき、下着からヘアの突き抜けを防げます。

3.ムダ毛を落とすムダ毛を落として完了です。

■おわりにデリケートゾーンの自己処理は、やさしくやるのが大切です。
Vラインの毛量を調節しない人もいますが、多い人は減らすほうが美しく仕上がりますよ。


手順はこちらを参考にしました。
アンダーヘアの処理

「脱毛教室」について

Copyright © 脱毛教室. All rights reserved